―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

出会いの鬼が恋活アプリを評価してみた

トップページ > 最近の出会い系サイト

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

最近の出会い系サイト

最近の出会い系サイトにはポイント換金制のサイトもあります。

サービスを利用する毎にポイントを使えたり貯められたりして便利なのですが、その一方で「CB」あるいは「キャッシュバッカー」と呼ばれる人たちについて意識しておく必要があるでしょう。

女性の利用者の中には出会いたいのではなく、サイト上でメールややり取りを繰り返すと溜まるポイントを換金するのが目的の人が居るのです。キャッシュバッカーはサイト側が雇うサクラとも違いますし、プログラムの自動返信でもないため分かりづらいですが、例えばいつまでもメールのやり取りを引き延ばし続けるような相手は深入りするのは止めた方が良いかもしれませんね。異業種交流会は性別を問わず人と交流する機会です。

もちろん異性と会って親しくなるケースもあるようですが、相応の社交性がないと、実際に交際に至るのは至難のわざです。一部では男女で楽しく話し込んでいる人たちがいても、添え物的な立場に甘んじている人がほとんどです。

社会的知識を深めるために参加するならまだしも、異性との出会いを求めているなら、出会いを仲介するサイトを使ってみたり、友達と合コンを企画するほうがいいでしょう。最近ではネット上で結婚相手と出会うことも多いみたいで、私の友人が出会った方法は、インターネットの出会い系サイトだそうです。二人とも、結婚を視野に入れた出会いを求めていたみたいで、付き合っている間も相性が良かったそうで、すんなりと結婚話が出たと言っていました。

二人は本当に幸せそうで、出会い系の印象が変わりました。

出会い系サイトでも遊びじゃなくて真剣な交際を期待できることを知って驚きました。出会い系(サイト、アプリ)を利用するのは遊び感覚と思われているふしもありますが、普通に交際できる相手を探しているユーザーも少なくありません。

多忙な業種の人や理数系で学生の頃から女性との触れ合いが少なかった人も結構な比率で利用しています。

理系の人は堅いと言われますが、実際に会うと実直で知った相手にはとことん優しいというタイプが多いです。

多忙だったり異性の少ない職種だったりで出会いがなく、いまのままではいけないと焦っている人は実は少なくありません。ただ出会うだけなら幾らでも方法はあるものの、素のままの自分でいられて継続的に続けられそうなやり方を見つけなければ、ストレスもたまるでしょうし、やっと付き合えた相手と噛み合わなかったりもするでしょう。

意外と成就率が高いところでは、やはり出会い系サイトに優るものはありませんから、なかなかきっかけが掴めない人はトライしてみてはいかがでしょう。

やはり、出会い系サイトを利用していると被害に遭う事もあるようです。よくある事といえば、実際に出会えない、ということです。

被害といっても、利用者のコミュニケーション能力の問題が出会いの障害になっているといったケースでは別問題でしょう。

出会い系サイトの被害とは、どれだけ課金してやり取りしようと、出会えないシステムになっているものをサイト側が隠しているといったケースでしょう。女性登録者が実はすべてサクラというサイトもありますし、最近では機械の自動返答というケースもあり、結果的に「出会えない」という被害が増えているようです。占いやおまじないで恋人ができるなら苦労しないと言うかもしれませんが、あまり馬鹿にしないほうがいいみたいですよ。気持ちが強くなり、思考がポジティヴになるため、成就率が高まるのだと思われます。

出会い系サイトをのぞいてみる前に、異性から見て自分が魅力的にうつるようなおまじないを試してみるのもいいでしょう。

もし抵抗感があるなら、運気を高めるパワースポットなどに行ってみるのがお勧めです。

ネット社会と言われる今日では、ネットを介して知り合った男女のカップルも珍しくありません。また、出会いの場として利用される出会い系サイトでは、意気投合したカップルが結婚して夫婦になることも意外と多いのです。

とはいえ、出会い系サイトについては警戒心を持って利用しないと犯罪被害に遭ったりトラブルに巻き込まれる危険があるのです。

個人情報を集めようとする悪徳業者や遊び相手を探している既婚者などが利用しているということを分かっておきましょう。世間で言われているように、出会い系サイトは出会いの場でもあると同時に、それなりにリスクがあるのです。

男性のケースで言うと、サイトに雇われたサクラやポイント目当てのキャッシュバッカーに引っ掛かると何の結果も出ないままお金や時間を失うだけになってしまいます。本気で交際相手を探しているのに、浮気目的の既婚者に騙されて、不倫問題など思いもよらないトラブルになるケースもあります。

少し大げさかと思うかもしれませんが、冷静に行動した方がリスクを遠ざけることが出来るのです。どうせ始めるならヨガ教室にすれば、スタイルのいい女性と出会えるという話をきいて、会社帰りに通いやすいヨガ教室に通いだしたのです。

男性は私一人でものすごいアウェー感ですし、会話できるのは先生とだけ。

そして、悲しいことに私の好みの女性はいませんでした。

今の状況よりは、前に出会い系サイトを利用してた頃の方がずっとマシで、脈がありそうな女性に出会えてたと思うので、入ったばかりですが、やめるつもりです。

恋人がいないことはもちろんですが、友達も少ないと寂しいですよね。

いますぐに遊ぼうと思っても遊べる友達がいないという場合は、色々な人と話すチャンスを手に入れるために、出会い系サイトに登録してみるのもいいと思います。

出会い系サイトは、本来の趣旨である恋人を見付けられるだけでなく同性の友人が見つかる場合もあります。

しかし、友達になったとしてもサイトやメールのやり取りだけでは自然と連絡が途絶えることも多いですし、交際相手が見つかっても友達は出来ないまま、ということも珍しくありません。

交際相手を探しつつ、友達も探したいという訳ではないのなら、出会い系サイトでは上手くいかない可能性の方が高いでしょう。モバゲーに一時期ハマっていたんですが、どうにも出会い厨が多いので、機種変更したついでに使わないと決めたのです。

異性と出会いたいと思ったら、出会い系サイトを利用するので、こっちにその気がないのに声をかけられるのは正直言ってウザいです。今後、もし、SNSに登録することがあれば、性別非公開か男性で登録したいと考えていたりします。フェイスブックに出会いを求める人もいるようですが、最初から本名が知れてしまうためか、向こうも警戒してきますし、個人情報や交友関係までわかってしまうので、どうかと思います。

マッチングサイトや出会いサイトなら会うまでは匿名ですし、匿名性が垣根を取り去ってくれるので親密になりやすいです。

知人で気になる異性がいて、facebook経由で今より親交を深めたいと思うのなら良いのですが、それ以外は出会い系のサイトを活用したほうが、出会いは多いような気がします。外国の人と付き合ってみたいと思う人は意外と多いです。

日本では非モテなタイプでも、オリエンタルですてきだと外国人には思える場合もありますし、とりあえず出会いを見つけましょう。といっても、外国人の集まる店などにいきなり行くのはさすがに難しいので、会話は難しいけど読み書きならOKという人は、出会い系サイトなどは結構役立つはずです。

そうそうある事ではありませんが、出会い系サイトでやり取りしていた相手が、現実の知り合いで驚いたというケースがあります。

いろいろと恥ずかしさなどもありますが、そこはお互い様ですしそこまで心配する必要もないでしょう。

とはいえ、顔写真をサイトに上げている場合は少し問題があるかもしれません。というのも、出会い目的ではなく遊びでサイトに登録した知り合いがいたりすると、自分がサイトを利用していると噂話を広められてしまうかもしれませんよね。

また、顔写真を悪用される可能性もあるので、しっかりとプライバシーを保護することも大切です。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 出会いの鬼が恋活アプリを評価してみた All rights reserved.